様々な肉「馬肉」「山羊肉」「鹿肉」「猪肉」「熊肉」「兎肉」

世間一般的な代表的お肉といえば、牛・豚・鶏・羊です。

それら以外にも、今回ご紹介した馬肉をはじめ、様々な肉がありますので機会がある時はどうぞご賞味下さい。


■馬肉

馬肉は断面が桜色、また、桜の季節に美味しくなることから「さくら肉」と呼ばれます。

肉質は牛肉よりも硬く、脂肪が少ないのが特徴。

独特の甘味や匂いには、生姜などの薬味を添えて刺身や味噌鍋、赤身やたてがみは馬刺しにします。

今回ご紹介した「菅乃屋」さんの馬刺しは、通販でも購入できますので是非お試しください。


■山羊肉

滋養強壮に良いと言われる山羊肉。

「ヒージャー」という沖縄の「ヤギ汁」はもてなし料理です。

特有の匂いは雄の方が強く、肉質は羊肉に似ています。

フランス料理では、癖のある脂を抜くために、香草を加えて低温で長時間ローストします。


■鹿肉

脂肪が少なく、淡泊でさっぱりした味の赤身の鹿肉。

特有のにおいがありますが、タンパク質、鉄、ビタミンb1 、 b2が豊富に含まれ、栄養的にも優れています。

フランス料理ではジビエの中でも最高級食材。

北海道ではエゾシカをよく食します。


■猪肉

豚の祖先である野生動物、日本では、北海道以外の山中に棲み、兵庫県丹波地方や静岡県天城地方などが有名です。

肉質は、豚肉よりややかたく、独特の匂いがあります。

すき焼きや味噌鍋にする「ぼたん鍋」が有名です。


■熊肉

熊肉は、滋養強壮に、またコラーゲンが豊富なので美容効果も期待できます。

臭みを取るために何度も茹でこぼして煮込む「熊手の煮込み」は、中華料理では高級料理です。

熊手は蜂蜜を食べる左手を使用すると言われてます。


■兎肉

肉質は鶏肉に似て柔らかく、味は淡白ですが独特の風味を持つのが兎肉。

結着性があるので、かつてはソーセージなどのつなぎ肉として用いられていました。

フランスやイタリアでは秋から冬が旬となる野生兎を珍重しています。

馬刺しの通販ならdanchuでも紹介された熊本の名店がおすすめですのTOPページへ