馬刺しユッケのお勧めは通販でも購入できる「菅乃屋」

■馬肉はとても美味しいお肉です!

現在の日本でお肉を食べるとなれば、思い描くのは「牛肉」「豚肉」「鶏肉」などです。

焼肉と言えば主に牛肉であり、豚肉は数々の料理にマッチングしますし、多くの焼肉屋でも登場。 焼き鳥店では字のごとく鶏肉が提供されます。

他にはジビエと呼ばれる獣肉も通好みの人たちに好まれて食されます。

シカやイノシシ、クマなどがそうです。

そして、まだまだ人気の高いお肉が存在しています。

それは、国内では熊本県、長野県などで多いとされ、現代では全国各地の居酒屋などでも比較的リーズナブルに提供されています。

それが「馬肉」です。

馬肉は別名「桜(さくら)」と言いますが、その由来は隠語という意味での「さくら」です。 昔の日本は獣肉食が禁じられていたために、それを扱う隠語として用いられるようになったのだとか。

ですので、猪のお肉を「牡丹(ぼたん)」、鹿のお肉を「紅葉(もみじ)」、鶏のお肉を「柏(かしわ)」と祝物の名前で呼んだりするのです。

「馬肉=さくら」というのが結びついたのが、馬肉の赤身が空気に触れると桜色になるからだと言われています。

馬肉は、非常に栄養価が高く、滋養強壮にも高い効果が期待でき、薬膳料理ともされています。

馬肉が全国的に流通しないのにはいくつかの原因があります。

まずコスト面の話です。

牛や豚などに比べ、食用として考えた場合の飼育費用が大きいからです。

それから文化の問題です。馬肉を食べる習慣がないので、取り扱う関連店舗が少ないのです。

しかし、先にお伝えしたように、国内では熊本県、長野県などでは好んで食べられる文化が根付いており、街では美味しい馬肉を提供してくれるお店で溢れています。


■馬肉を家庭で楽しみたいなら、通販があります!

馬肉は牛肉とジビエの中間に位置するようなお肉です。

牛肉では部位によってとろけるように柔らかい箇所があったり、適度な柔らかさの部位であったり、噛み応えのある部分だったり、たくさんのホルモンを楽しめたりします。

対して馬肉は牛肉と比べると、全体的に固めです。

しかしジビエほど噛み応えのあるような固さではありません。

馬肉も部位によっては柔らかいものもあります。

そんな馬肉ですが、もしかしたら1番人気があるのでは?という食べ方が存在します。

それが馬肉を生で食すという「馬刺し」です。

馬肉を薄く切って、ニンニクやショウガなどの薬味を付けて食べる料理です。

定番は「赤身」ですが、「トロ」や「霜降り」、といった希少価値の高いものも存在します。

その更に上をいくのが「タテガミ刺し」や「レバ刺し」などであり、馬一頭から採取できるという量が限られている代物です。

その他、通好みの「フタエゴ」、「ハツ」、「心根」、「タン」なども人気です。

「馬刺し」は鮮度がとても大事だと言われています。

そのため馬肉を専門で取り扱っている精肉店などの技術は重要です。

馬肉や馬刺しを食べたいときに、馬肉を食べると言う文化ない地域にお住いの場合は、通常の精肉店にいっても手に入らないでしょう。

そもそも取り扱っていないからです。

そんな時便利なのが「馬肉・馬刺し」を通販で購入するということです。

現在では多くの店舗が馬刺しの通販事業に乗り出しており、切磋琢磨し合うという環境も伴ってか、どのお店も高品質なお肉を提供してくれています。

そんな中でも「馬刺し」や「ユッケ」の購入なら「菅乃屋」さんがオススメです。


■鮮度の良い馬刺しやユッケがご自宅に!

「菅乃屋(すがのや)」さんは、全国でも1番馬肉を取り扱っている地域・熊本県のにあるお店で、上通店、銀座通り店、西原店、菅乃屋ホルモン店、JR博多シティ店などのリアル店舗を運営されています。

千興ファームさんという会社さんが大元にあたり、世界で初めて生食用食肉で「SGF」を取得された会社さんであり、名実ともに馬刺し・馬肉生産高日本一の優良企業です。

こちらのお肉が食べられるという格店舗は飲食情報サイト「食べログ」でも高評価を受けているお店で、馬肉の品質、サービスは定評があります。

そんな有名・優良店の馬肉を全国どこでも通販で購入できるのですから、ありがたいものです。

馬肉の鮮度を極力落とさないような企業努力を重ね、しっかりと自家処理された上質の馬肉がご自宅に届きます。

お支払い方法は、クレジットカード・銀行振込・代引きの3つがあります。

1万円以上のお買い物で送料が無料になるというおまけ付き。

お中元やお歳暮などの贈り物にも最適であり、希望を伝えれば菅乃屋専用の包装紙に包んで配送してもらえますので、ギフトとしてのステータスもアップです。

届けられたお肉は真空パックで鮮度が落ちないようにされています。

馬刺しやユッケなども例外ではありません。

その技術は素晴らしいもので、賞味期限は約3か月という長さ。

馬肉の色味は最初は良い風に見えないかもしれませんが、そちらは安心して下さい。

お肉を真空パックから取り出すと15分程度で、元の綺麗で鮮やかな色合いのお肉に戻ります。 本当に確かな技術です。

飼育から生産まで全てを一貫して行われているので、このような上質なお肉を提供できているのです。

馬刺しの通販ならdanchuでも紹介された熊本の名店がおすすめですのTOPページへ